読みやすいブログの文章の型SDS法とは
困る男性

読みやすい文章が書きたい!
ブログの文章が分かりにくい・・・
もっと分かりやすい文章が書ける方法が知りたい

なんて悩みを解消します。

ブログの文章を書いても最後まで読まれないのって悲しいですよね?

ブログの文章が最後まで読まれない原因は、ブログの文章が分かりにくいからです。
文書が分かりにくいと、読者は途中で離脱します。

つまり、読みやすくて分かり安い文章を書けば読者は離脱しません。

こちらの記事ではブログの文書が分かりやすくなる文章構成の型のSDS法について解説します。

ブログの文章の書き方を知りたいという人はぜひご覧になってください。

初心者向けブログメルマガ講座

ブログが読みやすくなる「SDS法」とは

ブログの文章が読みやすくなる文章の構成方法とは、Summary (全体の概要)・ Details(詳細の説明) ・ Summary(最後に全体のまとめ)の順番で文章を構成するセールスライティングの手法の一つです。

文章で人に物を伝える時に、伝わりやすい文章の構成の順番になっています。

SDS法の文章の構成

  1. 全体の文章の概要を説明
  2. 主張に対しての詳細の説明
  3. 最後に全体のまとめを書く

文章の構成はこのような構成になります。

Summary (全体の概要)

文章の冒頭では、この文章が何について書いてあるのかの全体感の概要を説明します。
例えば、あなたが伝えたいポイントを「〜についてお伝えします」などのように、簡潔に解説します。

ここで注意点があります。

冒頭では文章の全体の概要を伝えるのですが、文章をタラタラと長くするのはNGです。
ここで回りくどく説明をしようものなら、読者は速攻で離脱します。

あくまで、ポイントを絞って、本当に伝えたいことの概要を伝えます。

Details(詳細の説明)

文章の概要を伝えたら、次は文章の詳細の説明をします。
冒頭で伝えた内容を詳細に説明することで読者に納得をしてもらいます。

この部分でのポイントは箇条書きなどを使用して読者にポイントとなる部分をイメージしてもらうことです。

Summary(最後に全体のまとめ)

最後に全体のまとめをします。
例としては、「以上〜についてお伝えしました」のように全体をまとめます。

ここで、冒頭で主張したことを再度主張することで、より読者に納得感を持ってもらえるようになります。

SDS法を使って文章を作る

それでは、SDS法を使って文章を例文を作ってみます。

【全体の概要】
今日は、なぜブログでSDS法の文章のテンプレを使うのがおすすめなのか?について解説します。
ブログの文書の構成はSDS法を使うことで、読みやすさや伝わり安さが全く変わりますので、ぜひ最後まで読んでください。

【詳細の説明】
ブログの文書の構成でSDS法がおすすめの理由は3つあります。

  • 伝わりやすい文章が書ける
  • 文章の構成が簡単
  • ブログに最適な構成になる

このような理由があります。

このようにブログの記事の構成におすすめのSDS法を使いこなして、あなたの文章力を格段に向上させるには3つのステップがあります。

  1. テンプレ通りに文章を書いてみる
  2. 自分なりのアレンジをしてみる
  3. とにかく文章を書き続ける

このような手順がおすすめです。

【全体のまとめ】
以上から「ブログの記事を書くにはSDS法のテンプレートを使うことがあなたの文章力を向上させて、ブログの記事が読まれるようになる方法をお伝えしました。
ブログの書き方で迷っているのであれば、ぜひSDS法を使ってください。

例文はこのようになります。
例文なので、かなり簡略的に書きましたが流れは分かってもらえると思います。

SDS法の応用技術

よりSDS法を使いこなすためには、他のセールスライティングの手法と合わせて活用することが有効になります。

組み合わせるのは、PREP法です。
詳細の説明の部分にPREP法を使うと詳細の説明の納得感が格段に上がります。

PREP法とは結論を訴求するための説得力がある文章の構成の方法です。

PREP法については、【ブログの書き方】ブログの文章に最適な文章の構成「PREP法」の記事で詳しく解説しています。

セールスライティングのおすすめの型

セールスライティングはSDS法とPREP法の他にもおすすめの4つあります。
SDS法とPREP法を入れて6つの型を理解しておけば、ブログの記事を書くスキルが飛躍的に向上します。
ブログの記事を獲得には、ぜひ覚えて置くようにしておきましょう。

セールスライティングを活用したブログの記事の書き方の6つの型については、【ブログの書き方】人を行動させる文章を書く6つの型【初心者OK】で詳しく解説しています。

ZATUログ人気の記事