商品が売れる記事の構成「AIDMAの法則」

「ブログの記事から商品が売れない。」
「ブログでアフィリエイトを商品を売るための文章が知りたい。」

こんな悩みを解消します。

こちらの記事がおすすめの人
  • ブログアフィリエイトをやっている人
  • アフィリエイト商品がなかなか売れない人
  • 商品紹介の記事の書き方が分からない人

ブログの記事からアフィリエイトの商品が売れない原因は、文章の構成が消費者行動を促せていないからです。

ブログ初心者ブログ初心者

消費者行動を促すなんて、どうすればいいのか分からない。
専門的なライティングの知識なんて難しくて分からないし…

ジュンジュン

安心してください。
テンプレートを活用すると文章を当てはめるだけで、消費者行動を促せる文章の構成になります。マーケティングの知識がなくても、テンプレートに沿って書くだけで大丈夫です。

こちらの記事で紹介する「AIDMAの法則」は、昔からマーケティング業界では多く活用されている消費者行動を促す手法です。

つまり、文章で物を売るための文章構成です。

この方法を知っておくと、あなたのブログの記事から、アフィリエイト商品が嘘のように売れるようになります。

ブログの文章の書き方が分からないという方は、AIDMAの法則のテンプレートを活用して下さい。

初心者向けブログメルマガ講座

商品が売れる記事の構成「AIDMAの法則」

AIDOMAの法則はこんな記事におすすめのテンプレートです。

  • アフィリエイトの商品を紹介している
  • ランディングページ
  • メルマガ登録ページ

など、あなたのブログの記事で読者に一定の行動を取ってもらいたい際に使用すると効果的です。

消費者の商品を購入するまでの心理状態ん流れの「注意(Attention)、関心(Interest)、欲求(Desire)、記憶(Memory)、行動(Action)」の頭文字を取って、AIDMAの法則と言われています。

AIDOMAの法則の文章の構成

AIDMAの法則の文章の構成は決まっています。
この文章構成の順番で書くようにします。

AIDMAの法則の文章の構成は下記のようになっています。

  1. 注意:Attention
  2. 関心:Interest
  3. 欲求:Desire
  4. 記憶:Memory
  5. 行動:Action

ブログの読者が商品を購入する際の心理状態の流れの通になっています。

一般的に人間の心理は下記のような流れになっています。

  1. 商品のことを知る
  2. 商品に関心を持つ
  3. その商品が欲しいと思う(でもこの段階ではまだ買わない)
  4. 再度商品を見た時いやっぱり欲しいと思い出す
  5. 商品を購入する

これが、一般的な商品の購入の心理的プロセスです。
つまり文章でこのプロセスを擬似体験させることで、あなたのブログ記事から商品が売れるようになります。

ブログ初心者ブログ初心者

本当にこの順番で売れるようになるの?

ジュンジュン

なります!
あなたが何か欲しい物を購入する時もこのようになっていませんか?
また、古くから効果があり現在のマーケティングの世界でも多く活用されています。

では、文章の構成を順番に解説していきます。

AIDMAの法則の「注意」

文章の冒頭のパート「注意」の部分です。
まずは、商品を知ってもらうことが必要になります。
この部分で読者に興味を持ってもらい、好奇心を煽ることで商品に対して注意を引くことができます。

この段階では、商品の具体的な機能などの紹介しないこと。
まだ、興味を持ってもらった段階なので、ここで機能やメリットを解説すると、売り込みに感じられてしまい、読者は離脱をしてしまいます。

AIDMAの法則の「関心」

商品に対して注意を引けたら、次に商品に対して関心を持ってもらうパートになります。

その商品が、読者のどんな悩みを解消することができるのか、を簡潔に伝えます。
ポイントは、読者に「自分のための商品だ!」と思ってもらえることです。

読者に自分のことだと思ってもらうためには、読者の悩みを明確に把握する必要があります。
そのために、読者の悩みをリサーチすることを忘れてはいけません。

AIDMAの法則の「欲求」

このパートで商品を「欲しい」と思ってもらいます。
商品を「欲しい」と思ってもらうには、商品を購入した後の未来の姿を明確にイメージさせることが重要です。

その商品を使って、読者の未来がどう変わるのか?
その商品を買わないことによって、読者にどんな損失があるのか?

このようなことを明確にイメージさせることがこのパートで最も重要になります。

例を上げますと、スキンケア商品の紹介の場合は、

  • NG:この商品を使うと、お肌がすべすべになります。
  • OK:この商品を使うと、夫からも綺麗になったと褒められ、ママ友にも羨ましがられます。

このようになります。
スキンケアの商品を使って、お肌がすべすべになるのは当たり前、その先にどんないいことが待っているのかを明確にイメージさせるようにします。

AIDMAの法則の「記憶」

欲求のパートで、商品を「欲しい」と思ってもらっても読者はまだ購入はしません。
「記憶」のパートで再度商品のことを思い出してもらいます。

読者の悩みを解消する具体的な解決策であることを証明します。
証明するとは、データを紹介してもいいですし、専門家のコメントや、口コミを紹介するなどの方法があります。

「やっぱりこの商品が欲しい」と思ってもらうことが目的のパートになります。

AIDMAの法則の「行動」

最後に「行動」のパートです。
このパートまで読んでくれている読者は、「購入」の意思を持っている方が多いので、購入するための、リンクや登録のフォームを設置しておきます。

リンクやフォームの前に、読者にどのような行動を取ってもらいたいのかを明確に記載することが重要です。

例えば、スキンケア商品の紹介の場合には、
「下記のリンクをクリックして公式サイトからすぐに手に入れてください。」
このくらい明確に記載します。

ブログ初心者ブログ初心者

こんなに売り込みをしても大丈夫なの?
広告だと思われて離脱されない?

ジュンジュン

この部分まで、ちゃんと読んでくれいる読者の方は、購入の意思が決まっている方が多いので、次い何をして欲しいのかを明確に説明した方が効果が上がります。
つまり背中を押すといったことをします。

ブログの記事にはすぐにAIDMAの法則を使いましょう

AIDMAの法則は、セールスライティングの基本的なテクニックの一つです。
商品購入の心理的なプロセスを文章で擬似体験させるテクニックなので、消費者心理を理解するには最適なテンプレートです。

ブログの記事の書き方で迷っている人は、是非このテンプレを使ってください。

ZATUログ人気の記事